聖バレンタインデー日本だけおかしい件

バレンタイン



★今日も応援1クリックお願いします↓




日本のバレンタインの儀式は

企業の戦略から始まったことはご存じでしょうか?


少し冷めた話の印象になるかもしれないので

バレンタインデーも終わったことですし話ます。


バレンタインデーは聖なる夜的なイメージで

クリスマス的な印象や雰囲気を少ながらずとも

感じると思います。


バレンタインの始まりはイタリアのローマらしいので

その影響があるのかなと思います。


2月14日は聖バレンタインデーなどと言われます。


世界各地の男女、男男、女女の愛の誓いの日とされています。


日本では女性が男性に

チョコレートをプレゼントする行為が

一般的になっていますが、


海外では男女関係なくむしろ男性が女性にプレゼントします。


チョコレートをプレゼントする人もいますが、

チョコレートが定番ではなく、

海外では色々な物をプレゼントします。


クリスマスを想像してもらえたらいいです。


日本はいつからこの文化が広まって

なぜ渡すものがチョコレートなのか?


その理由は、


バレンタインデーの始まりは昭和30年代頃からでした。

1958年(昭和33年)にメリーチョコレート会社(東京)は

新宿・伊勢丹でチョコを売り出しました。


売り場に「バレンタインセール」と手作りの看板を出して

マーケティングしましたが、3日間で売れたのは

30円の板チョコ5枚だけでした。


完全にマーケティングミスですw


これではダメだと翌年ハート型チョコを作りました。

それだけではなく売れるキャッチコピーを考えました。

「女性から男性へ」というキャッチコピーです。


このキャッチコピーが当たり

バレンタインデーの日にチョコを贈る行為が

広まって行った辺りで、森永製菓が目を付けました!


昭和30年代後半では、

森永製菓が仕掛けた広告戦略で

いっきにブームとなりました。


『女性から男性へ』というキャッチコピーから

『愛する人へ』や『告白の』みたいな

印象操作もされて

テレビ、新聞、ラジオを最大限に使い

マーケティングをして大成功させました。


それが60年近く経った今でもブームは続いています。


このブームが出来上がったことで

チョコレート市場は稼げるようになりました。


1年で一番売上げが出るのが2月です!


『キャッチコピー1つで億を売る!』

などと聞きますが、

キャッチコピーの大事さを知らなかった時は

そんな言い方を変えただけで売上なんか変わるかよ!

と、思っていましたが今は

キャッチコピーの大事さをわかっています。


このチョコレートの始まりの話を

初めて聞いた時も思いました。

やっぱりマーケティングには

キャッチコピーも絶対に手を抜けない

一つのマーケティング戦略だと実感しました。




太田一人 LINE
⇒ 太田一人 公式LINE@
(2クリックで登録できます)

今、パソコンで見ている場合はスマホでLINEを開いて
 「 @rzi9605u 」をID検索!(@をお忘れなく!)

※LINEに頂いたメッセージには全て手動で返信しています。
※太田一人と直接連絡を取る事が可能
※ネットビジネスLINE@通信 無料配信中
※ノウハウ無料プレゼント中



⇒ ネット錬金術とは何か?

⇒ 太田一人ってどんな人?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 

Author: 

ネット錬金術とは?

社長ブログランキング

人気記事

Twitter