スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国】山の新鮮な空気を住民が販売

【中国】山の新鮮な空気を住民が販売


大気汚染大国の中国で空気が売られている


物の流通はやっぱり需要と供給ですね。

中国では街中を歩く時はマスクをして歩く人がいます。

ガスマスクのようなマスクをつけている人もいます。

あそこまで大気汚染になると光景が凄いですね。


中国大気汚染
via:google



中国大気汚染
via:google




都心部に住んでいる人達は汚れた空気の中で
生活をしているので毎日汚い空気を吸っています。

こういう環境だと新鮮な空気が吸いたくなる
気持ちはわかる気がします。


田舎の方に行けば大気汚染になっていないので
マスクもせずに大きく深呼吸できます。

都会から田舎の山奥に観光に行く人が増えているとかいないとか。

そんな状況の中国では、普段は仕事がない山奥の人達が
新ビジネスを初めているみたいです。


空気の汚れた都会から来た観光客達に
山の新鮮な空気をビニール袋に入れて販売しているのです。

これは画期的なビジネスですね。

なんと言ってもビニール代を除けば
仕入れの原価はゼロです。

ビニールを広げてふわぁーと
中に空気を入れて入口を結んでしまえば商品の完成!

山へ観光に行った人がTwitterでその光景をアップしていました。



via:Twitter


ちなみに値段ですが

上の写真で見える大きさで500円
写真には映っていないですけど
日本でいう45リットルのゴミ袋ほどの大きさで
2000円だったかそれくらいらしいです。


本当に新鮮な空気を吸いたくて旅行者たちは
購入しているのかはわかりませんが、
オモシロ土産の一つとしても売れ行きは良いらしいです。


この商売に目をつけてかはわかりませんが、
イギリスの会社が中国国内で空気をボトルにいれて
販売を開始したみたいです。

この空気は中国の山奥ではなく
【英国の新鮮な空気】の販売です。

580mlのボトルで値段は1本80ポンドらしいです。

1ポンド現在は154円くらいなので1万超えますw

販売開始からすぐ180本くらい売れたみたいです。


このニュースを知って商売の基本というものを思い出した気がしますw


中国が大嫌いな人がこの記事を読むと

え?中国って空気なんて売っているの?
やっぱり中国って品がないよね!
そこまで必死はなんだかイヤ・・・

と、思った方へ

実は高度経済成長にあった日本でも
中国と同じように大気汚染問題があったみたいです。

その時代には公衆電話のような感じで
機械が街中に設置されてそこで空気が販売されて
国民は吸えるようになっていたみたいです。

その時代の日本人は綺麗な空気を吸いたい人が多かったのでしょう。

需要と供給ですね!

日本で空気が売られていた話はまた書こうと思います。




太田一人 LINE
⇒ 太田一人 公式LINE@
(2クリックで登録できます)

今、パソコンで見ている場合はスマホでLINEを開いて
 「 @rzi9605u 」をID検索!(@をお忘れなく!)

※LINEに頂いたメッセージには全て手動で返信しています。
※太田一人と直接連絡を取る事が可能
※ネットビジネスLINE@通信 無料配信中
※ノウハウ無料プレゼント中



⇒ ネット錬金術とは何か?

⇒ 太田一人ってどんな人?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 

Author: 

ネット錬金術とは?

社長ブログランキング

人気記事

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。